TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

カップケーキ トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • ふたりのsweet home♪

    ふたりのsweet home♪

    毎日のお料理・手作りお菓子など、どんどんトラックバックしてね♪

    テーマ投稿数 343件

    参加メンバー 36人

  • 桜餅

    桜餅

    桜餅(さくらもち)は、桜の葉を用いた和菓子の一つ。 桜色に色づけされた生地で小豆餡を包み、塩漬けした桜の葉で包んだ餅菓子。葉で包むことでその芳香を生地に移して桜の風味を楽しむ。関東・関西それぞれに由来する2種類に大別される。 ・関東風(長命寺餅):小麦粉あるいは白玉粉の生地を焼いた皮で、餡をクレープ状に巻いたもの。 ・関西風(道明寺(餅)):糯米を蒸かして干し、粗めに挽いた粒状の道明寺粉を用いた皮に、饅頭のように餡を包んだもの。 作り方において、食紅を用い、餅の生地を桜の色に似せて染める点と桜の葉で包む点は両者に共通する。関東では主に前者を、関西では後者を単に「桜餅」と呼ぶ。一方で前者は主に関西で「長命寺餅」、後者は主に関東で「道明寺」あるいは「道明寺餅」と呼び、別種の餅菓子として扱うことが多い。また、両者を共に「桜餅」と呼ぶ地方もある。 家庭等で小規模に作られる場合には、由来にかかわらず、硬めに炊いた無着色のもち米で代用されることがある。また、道明寺粉は比較的高価なため、小麦粉で作った関東風よりも、関西風が高価な場合が多い。

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 13人

  • 塩スイーツ

    塩スイーツ

    塩を使ったスイーツに関する情報をTBしましょう♪

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 10人

  • 姫日和☆これからやん☆〜(σ。σ)♪

    姫日和☆これからやん☆〜(σ。σ)♪

    毎日の息子弁当。簡単料理。コンビ二スイーツ。 日常の日記ブログです♪

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • [仙台] S-style掲載の店へ行ってみた。

    [仙台] S-style掲載の店へ行ってみた。

    仙台の情報誌S-style(プレスアート刊) http://www.pressart.co.jp/s-style/ このタウン誌に掲載されたお店に行った方は その料理店やカフェのリアルな情報。 味の感想やメニューの写真などブロガー情報を掲載しましょう。

    テーマ投稿数 114件

    参加メンバー 4人

  • 今日のおやつ

    今日のおやつ

    今日のおやつは何ですか? スナック菓子でも、手作りでも、果物でも、なんでもOKです。 “おやつ”として食べたものを教えてください。

    テーマ投稿数 25,274件

    参加メンバー 1,265人

  • 草餅

    草餅

    草餅(くさもち)は、餅の一種。和菓子として扱われている。 古くはハハコグサ(母子草)で草餅をつくっていたが、今日では通常の餅にヨモギを磨り潰したものを混ぜ、その中に餡を入れることが多い。新井白石『東雅』(1719年)にも、かつてはハハコグサを用いたが、今日ではヨモギを用い、草餅とも蓬餅ともいうとある。ただし、文化10年(1813年)ころの『風俗問答答書』には「草の餅はゝこ草をも用ひ候や」とあり、地方によってはハハコグサを用いる例も少なくなかった。雛人形に飾る赤白緑の菱餅の最下段として広く用いられた。 今日、草餅といえば蓬餅を指し、餅の種類としてはポピュラーなものとなっており、多くの店で日常的に購入することができる。また、普通の餅と同様、延ばして四角く切って切り餅とし、焼き餅や雑煮、ぜんざいとして、食事で食べられることもある。

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 7人

  • クレープ

    クレープ

    クレープ(フランス語: crêpe )は、パンケーキの一種で、フランス北西部のブルターニュ地方が発祥の料理。元になったのは、そば粉で作った薄いパンケーキのガレット (galette) という料理である。

    テーマ投稿数 224件

    参加メンバー 81人

  • パイ

    パイ

    パイ(英:Pie, 独:die Pastete、der Blätterteig、仏:Tarte、Tourte)は、小麦粉とバターから作った生地(パイ生地)に、甘く煮た果実類や、ナッツ類、肉類その他を包み込むなどして、オーブンで焼き上げた料理あるいは菓子。 なお、食品としての使用目的以外に作られるパイも存在する。

    テーマ投稿数 33件

    参加メンバー 7人

  • エクレア

    エクレア

    エクレア(フランス語:éclair)は、洋菓子のひとつ。シュークリームのバリエーションの一つである。 細長く焼いたシューにカスタードクリームやホイップクリームをはさみ、上からチョコレートをかけたもの。カスタードクリームにコーヒーやラム酒の風味をつけたり、果物風味のフィリングや栗のピュレーをはさむこともある。 正確には仏語でエクレール・オ・ショコラ(éclair au chocolat)。 「エクレール」とは仏語で「雷・稲妻」の意味である。この名前の由来にはいくつか説があり、焼いた表面にできる割れ目が稲妻に似ているために名付けられたという説、チョコレートや糖衣のコーティングがぎらりと光るからという説、中のクリームが飛び出たり、表面のチョコレートが溶けないうちに、稲妻のようにすばやく食べるべしということから名付けられたという説などがある。 エクレアの起源についてははっきりしていないが、19世紀初頭にフランスで生まれたことは知られている。多くの料理史家はアントナン・カレームがエクレアを生み出したと推測している。 一口サイズに作られたものはプチフール(petits fours、小さな焼き菓子)に含まれる。 日本においてエクレアの知名度が高まったのは、児童作家・大石真著の「チョコレート戦争」がきっかけであろう。 ただし、エクレアの別表記であるエクレールは、昭和2年に西条八十が童謡「お菓子と娘」の中でとりあげ、橋本国彦の曲によって人口に膾炙していたという事実もある。 オックスフォード英語辞典では、英語の語彙に初めてエクレアが現れた年を1861年としている。現存するアメリカ合衆国初のエクレアのレシピは、1884年に刊行されたD・A・リンカーン夫人によるボストン料理学校の料理書に含まれている。米国の一部の地域ではエクレアは「ロング・ジョン」として知られており、メープルシロップ風味のものはメイプル・バー(maple bar)と呼ばれる例がある。

    テーマ投稿数 134件

    参加メンバー 25人

続きを見る

続きを見る

  • cupcakejp

    日本全国の希少なカップケーキを食べ歩く系のマニアックなブログ。カップケーキの前身と言われるマフィンもたまに紹介。 コッテリ甘い系アメリカンスイーツも大好き。 京都・大阪・神戸が活動圏のアラサースイーツブロガーが運営。

    読者になる

続きを見る

「スイーツブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)