TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

シフォンケーキ トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • 毎日作れる簡単なお菓子

    毎日作れる簡単なお菓子

    素朴ですが、急なおもてなしにも簡単に作れるスイーツや、お酒の肴になるおかずなどを作ってます♪

    テーマ投稿数 79件

    参加メンバー 29人

  • 子育ての合間の楽しみ

    子育ての合間の楽しみ

    毎日子育てお疲れ様です♪ 皆さん子育ての合間にどんな楽しみを持っていますか 教えてください

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • カップデザート大好き!

    カップデザート大好き!

    プリン・ゼリー・ヨーグルト・飲料などなど、カップに入っていて手軽に楽しめるデザートについての記事をトラックバックしてください。 手作り・コンビニ・デパ地下など、入手元は限定しません。

    テーマ投稿数 667件

    参加メンバー 79人

  • コーヒー牛乳

    コーヒー牛乳

    コーヒー牛乳(コーヒーぎゅうにゅう)は、牛乳などの乳製品にコーヒーおよび砂糖などで味付けした飲料の通称。

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 9人

  • Franceでお菓子作り

    Franceでお菓子作り

    現在Franceでお菓子を作っている方のトラコミュです! プロでも主婦でも趣味でも構いません!  

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 2人

  • フロート・ゼリー・アイス♪喫茶デザート

    フロート・ゼリー・アイス♪喫茶デザート

    クリームソーダ、コーラフロート、コーヒーフロート ほうじ茶フロート、抹茶フロート、 喫茶店やカフェ、レストランの定番メニュー、 その他、変わり種メニューなど、 何でもどうぞ^^ メロンソーダもどうぞ!

    テーマ投稿数 82件

    参加メンバー 27人

  • 乳酸菌飲料

    乳酸菌飲料

    乳酸菌飲料(にゅうさんきんいんりょう、lactic fermenting beverage)は、「乳などを乳酸菌又は酵母で発酵させたものを加工し、又は、主要原料とした飲料(発酵乳を除く)」のこと。 (乳等省令による定義) 日本では牛乳を原材料としているものが主流である。 無脂乳固形分が3%以上の物と、3%未満のものとがあり、 ・3%以上のもの:乳酸菌数または酵母数が1,000万個/ml以上で、大腸菌群陰性(乳製品に属する乳製品乳酸菌飲料。ヤクルト、ピルクルなど) ・3%未満のもの:乳酸菌数または酵母数が100万個/ml以上で、大腸菌群陰性(乳等を主要原料とする食品に属する乳主原乳酸菌飲料。(かつて販売されていたカルピスキッズなど) とされる。 ただし、乳酸菌飲料であっても、無脂乳固形分が8%以上のものは発酵乳となる。

    テーマ投稿数 50件

    参加メンバー 35人

  • 地サイダー

    地サイダー

    地サイダー(じさいだー)は、日本各地で主に中小・零細企業が製造・販売しているサイダー類(炭酸飲料)を称する。地酒、地ビール、地ウイスキーに呼応した名称。「分野調整法(中小企業の事業活動の機会の確保のための大企業者の事業活動の調整に関する法律)の精神」に基づき、ラムネ同様古くからある飲料の地域文化を絶やさないように大手企業が進出を控え、法律の精神によりその自主規制の下に生産されている。そのため、全国規模で流通する製品とは区別するためにこの呼称が用いられる。

    テーマ投稿数 28件

    参加メンバー 22人

  • フルーツ牛乳

    フルーツ牛乳

    フルーツ牛乳(フルーツぎゅうにゅう)とは、乳飲料の一種。ミルクスタンドや銭湯などで見かけることが出来る。 イチゴやバナナなどの果物に牛乳を加え、荒く攪拌したものから、風味付けと着色をメインとするものまで様々なものがある。ただし日本では、平成13年7月10日に認定された公正取引委員会の定めにより生乳100%でなければ牛乳と表示できなくなったため、一部商品については、牛乳ではなく「オーレ」や「ミルク」といった表示に切り替わった。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 4人

  • ミックスジュース

    ミックスジュース

    ミックスジュースは、複数の果汁を混ぜ合わせた飲料。現在の日本では特に、牛乳とさまざまな果物をミキサーで攪拌した飲み物を指すことが多い。 りんごやみかん、バナナなどの果物と牛乳をミキサーで混ぜ合わせたり、ジューサーで異なる材料を連続搾汁することで作られる。1970年代にジューサー・ミキサーの家庭普及により日本全国に広まるが、その後清涼飲料水の市場普及により廃れていくものの、2000年代でも近畿地方を中心に残っており、愛飲されている。近畿地方の喫茶店では定番メニューであり、畿外に引っ越した人はミックスジュースがローカルな飲み物であることを知り、愕然とすることが多いという。 日本サンガリアベバレッジカンパニーが缶入りの「みっくちゅじゅーちゅ」と称する清涼飲料水を発売してからは知名度が上がった。同商品は「大阪生まれ」と謳ってはいるが、もともと日本全国に普及していたものであり、その根拠は曖昧である。

    テーマ投稿数 31件

    参加メンバー 23人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「スイーツブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)